弁護士による申請


ここでは、弁護士に依頼をした場合の交通事故後遺障害の等級認定について紹介します。まず、交通事故で後遺障害を負った場合にそれを申請する方法には2種類あります。ひとつは加害者の保険会社が主体となって申請を行う事前認定、もうひとつは被害者が主体となって申請を行う被害者請求です。基本的に被害者請求のほうが慰謝料の金額などで被害者に有利な認定をされやすいのですが、反面非常に手間がかかるという欠点もあります

また、どちらの請求方法を用いても認定結果が変わらない場合もあります。特に後遺障害の存在が明らかな際にはその傾向が強いようです。この判断は後遺障害の種類などを加味した上で、弁護士と相談して決定しましょう。一般的には、後遺障害の種類が変形障害や身体欠損など、明らかに障害が残っていることが確認できるものならば、事前認定で申請を行っても、適正な等級認定を受けられる可能性が高いでしょう。

しかしむち打ちや神経障害、脳機能の障害など、画像検査だけでなく本人への問答を通じた検査なども必要となるような障害は、障害の等級判断が微妙で、申請の方法によって等級が変わりがちです。そのため、こうした障害を負ってしまったときには、被害者請求の手続きを行ったほうが良いです。