交通事故の後遺症


このサイトでは、交通事故の被害にあって、後遺障害、いわゆる後遺症が残ったときにどうすればその補償を受けられるのかなどを紹介します。その交通事故によって後遺症が残ってしまったということを認定されることを、後遺障害認定といます。この認定を受けることで、多くの場合において、受けなかった場合よりも高額な慰謝料を受け取れるようになります。ですから、その交通事故のせいで何らかの後遺症が残ってしまう場合には、必ずこの後遺障害認定を申請するようにしてください。

また、後遺障害認定には等級という、その後遺障害の深刻さを表すものがあります。この等級に応じて支払われるべき慰謝料の金額もおおよそ決まっています。しかしこの金額を決めるための基準には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがあり、後者ほど同じ等級の認定であってもより多額の慰謝料が受け取れる基準になっています。そのため、被害者が目指すべきは弁護士基準での慰謝料の獲得です。

しかし弁護士基準というだけあって、弁護士に依頼しなければそれほどの高額には出来ません。やはりこうした交渉事は、その道のプロフェッショナルに頼むのが良いということです。交通事故に慣れた弁護士に示談交渉を依頼すれば、大幅な慰謝料アップも期待できます。また、示談に伴う書類処理等も弁護士が行ってくれます。ですので、もしある程度以上の重い後遺障害が残ってしまうようでしたら、弁護士に相談することで受け取れる金額を大幅に増加させられる可能性が高まります。